歴史

歴史

「縁結びの妖怪狐ちゃん」は完全な架空世界である。

遠い昔、人と妖怪は同時期に生まれた。
人は自分たちが万物の霊長だと思い、そして妖怪も、自分たちが生まれつき霊物であると思っている。
人は妖怪を獣と思い、妖怪は人を動物とみなしているため、必然的に戦いが起こった。そして、人間は妖怪に勝てないことに気づき、全力で戦った妖怪たちは自分らに神秘的な力が秘められていることに気が付いた。人々はそれを妖怪力と呼んだ。このとき、人間は妖怪に出くわしては、逃げるほかなかった。
しかし、それはある人間が妖怪と戦えるもの――宝物を見つけるまでだ。
これによって人は妖怪と戦うことができるようになった。そして各自の利益を前に、人と妖怪は全面戦争の時代を迎え、天下は瞬く間に血塗られていった。
やがて妖怪と人間それぞれに統領が現れ、人間と妖怪はとっくにこの無意味な戦争に飽きていることに気づいた。
そして数々の困難を乗り越え、人と妖怪が平和連盟を築き、ようやく人間と妖怪は平和に暮らすことができたのだった。